検索

カスタム検索

関連記事の検索方法

レクサスに関して書いてきたこのブログも記事数が1600件を超え、関連記事を見つけることが困難になってきました。しかし、折角訪問いただいた皆様には必要な情報を提供していきたいと思います。関連記事の検索方法としては
1.上の検索ボックスに検索したい内容のキーワードを入力して検索する。
2.記事の下のラベルのキーワードをクリックする。
3.右側サイドメニューのアーカイブから関連記事を探す。
等があります。一度お試しください。
レクサス関連の書籍グッズをお探しの方はレクサス日記ストアをご利用ください。

2009年11月20日金曜日

IS250の燃費6

 今日ガソリンを入れてきました。
インパネの表示では
給油後燃費 11.4km/L
総燃費 12.2km/L

でしたが、満タン法での燃費は

給油後燃費 10.3km/L
総燃費 10.8km/L

です。
やはり、寒くなってきて、燃費が悪くなってきました。
また、タイヤの摩耗がそろそろ限界に近づいてきました。
タイヤ交換を真剣に考えなければなりませんが、
今の時期、仕事が忙しく、なかなかタイヤ交換に行けそうもありません。
タイヤの摩耗にも気を付けて運転します。

2009年11月9日月曜日

レクサスハイブリッド、LFA

 私が今乗っているのはIS250ですが、最近の注目はハイブリッド車と
LFAでしょう。 ハイブリッド車はハイブリッド専用車のHS250hが、
ものすごい勢いで売れているようです。 3代目プリウスの生産が
追いつかず、 政府の補助金の効果もあり、HS250hに大分客が
流れたようです。デザインは圧倒的にHS250hが良いのですが、
価格の問題でプリウスが売れるのですが、補助金のおかげで、
HS250hのお買い得感が増し、売れているようです。
最近ではLS600h、LS600hLの新型車が発売されました。
GS450h、RX450h、 HS250hがハイブリッド車のラインナップです。
 一方LFAは純然たるスポーツカーです。V10、4.8Lエンジンで
560馬力(412kW)を搾り出します。価格は3,750万円です。
F1からの撤退を表明したトヨタが、このような車を 発売することに
矛盾を感じますが、私自身はこのLFAは大好きです。スタイリング、
デザイン、スペック、どれをとっても、ワクワクします。私が金持ちなら、
絶対買いです。
 LEXUSのLFAのHPを見ているだけで、楽しくなります。
皆さんも一時の夢を楽しんでください。いつかは、自分で買うことを夢見て。。。

2009年11月8日日曜日

レクサス車購入

 今日はレクサス車購入の際の値引きについてです。 皆さんご存知のようにレクサス車では値引きを一切 行いません。これは、レクサスブランドをベンツやBMWの様に、一流ブランドに仕上げるためなので、当分の間、この方針は変わらないと思います。
 でも、金額的に値引きをすることはありませんが、ディーラーオプション品でサービスしてくれたり、下取り車を高めに査定してくれたりすることはあります。私の場合、下取り車が10年、12万キロを超えていましたが、下取りしてくれました。他のディーラーでも下取りはしてくれると言われましたが、ただに毛が生えた程度でしたが、レクサスではそれなりの金額で下取ってくれました。中古車買取業者はいずれも下取りは無理だと言われました。下取り車がある方は、この点をうまく利用されたらいいと思います。
 また、通常ならディーラーオプションで2万円程度なら、サービスしてくれそうです。でも、もっと高価なオプションをサービスしてくれる場合があります。これは、誰にでも通用するわけではありませんが、使える人にはかなり有効です。それは、まわりのレクサス購入者を探すことです。レクサスオーナーから紹介してもらって、レクサス車を購入すると、大幅なサービスがあります。この手を逃すことはないです。遠い縁でも探し出し、紹介をお願いすれば、まず、間違いなく紹介してくれると思います。なぜなら、紹介者にも特典があるからです。がんばって、探してみてください。このことは、周りの人には内緒です。ここだけの話ですから。。。
 下のラベル:レクサスカードをクリックすると、その他レクサスカード関連の記事が表示されます。
 こちらも参照下さい。レクサスカード レクサスIS250情報

2009年11月5日木曜日

IS250の燃費5

 今日も愛車IS250の燃費についてです。
今日は大分暖かかったのですが、燃費は悪くなる一方です。
朝11.3km/Lの給油後燃費が帰ってきたときには11.0km/Lまで
悪化していました。ひとつの理由は寒さのせい、もうひとつの理由は
最近早めに帰るので、夕方の渋滞のせいです。
まあ、街乗りで11.0km/Lなら、悪くないのですが、春先や、秋には
12.0km/L以上の燃費を実現できます。
気候がよければ、街乗りでも13.0km/Lを達成できます。
でも、冬場になると10.0km/Lをきることもあります。
これから先はアクセルワークにさらに気を付けないと燃費に
大きく影響を与えます。
とにかく、発進の際にゆっくり加速することがポイントです。
また、次に給油した際には燃費グラフをアップします。
IS250購入をお考えの方は参考にしてください。

2009年11月4日水曜日

IS250の燃費4

 今朝は、昨日からの寒気と放射冷却効果のおかげで結構寒かったです。
久しぶりに、朝出勤前に暖機運転しました。暖機運転をすると
燃費は顕著に悪くなります。現在、給油後100kmあまり走行しています
が、昨日の給油後燃費が11.8km/Lだったのに、約3分の暖機運転で、
11.3km/Lまで悪くなりました。暖機運転は不要だと言う人もいますが、
個人的には暖機運転はした方が良いと考えています。不要だと言う人は、
エンジンでの燃焼温度は約1000℃にも上がるのに、
周りの温度が数十度上がったところで、誤差範囲内だといいます。
しかし、私の考えでは、エンジンはエンジンが定常運転になったときに
最高のパフォーマンスを示すように、クリアランス等を設定していると
思います。金属は温度を上げると膨張するので、エンジンを始動後、
徐々に膨張していくことになります。このため、通常運転時に使用される
環境下での部品温度を想定し、膨張しても周りの部品と干渉しないように
設計されています。部品は目的により素材が異なるので、熱膨張率も
異なります。このため、冷却時では隙間が大きく、定常運転時に
ほど良いクリアランスになります。このことから、私はある程度の
暖機運転は効果があると考えています。
 暖気時間も人それぞれですが、冷却水の温度が上がってくれば
OKだと思います。私は、実際にはそこまで待っていませんが。。。
これから寒くなって暖機運転は必要になる上、低温時の燃費の
悪いIS250なので、燃費がどんどん悪くなりそうです。
燃費悪化を最小限にとどめるように頑張ります。

IS250の燃費3

 今日はIS250の燃費についてです。昨日、今日と急に
寒くなってきました。そのせいでもないのでしょうが、
燃費が悪くなってきました。以前にも書きましたが、
IS250の燃費は寒くなると極端に悪くなっていきます。
去年の傾向をみても、これからは燃費が悪くなる時期です。
燃費は約10.8km/Lです。決して悪い値ではないと思います。
 でも、最近では燃費を気にするあまり、運転する楽しみが
薄れてきているように感じます。元々、峠を攻めたりする
わけではないのですが、燃費を気にせず、気持ちよく走りたいと
思うことがあります。でも、一時の欲望でアクセルを踏みしめると、
燃費はあっという間に悪くなります。しかも、悪くなった燃費を
改善するには、非常に長い時間がかかります。
地球環境のためには良いのですが、ドライブする楽しみを
忘れてしまわないようにたまには、気持ちの良い運転も
したいものです。