検索

カスタム検索

関連記事の検索方法

レクサスに関して書いてきたこのブログも記事数が1600件を超え、関連記事を見つけることが困難になってきました。しかし、折角訪問いただいた皆様には必要な情報を提供していきたいと思います。関連記事の検索方法としては
1.上の検索ボックスに検索したい内容のキーワードを入力して検索する。
2.記事の下のラベルのキーワードをクリックする。
3.右側サイドメニューのアーカイブから関連記事を探す。
等があります。一度お試しください。
レクサス関連の書籍グッズをお探しの方はレクサス日記ストアをご利用ください。

2014年5月17日土曜日

LEXUS GS300h 内装


本日はレクサスGS300hの内装(インテリア)の紹介です。

レクサスGS300hの内装は落ち着いたデザインとなっています。

最近のレクサスでは定番となりつつある、横長を基調としたデザインにウッドをちりばめ高級感を演出しています。


ハンドルはウッドと本革からなりレクサスGS300hらしいデザインだと思います。

最近はシフトノブのカバーも本革仕様になっています。

マニュアルミッション時代のシフトノブを彷彿させます。


今回試乗したレクサスGS300hはFSPORTではなかったので、ペダルはアルミではなく通常のペダルです。

毎回書いていますが、アルミペダルは走るイメージには欠かせないパーツだと思います。

外装の変化に比べて内装の変化は小さいなという印象です。

内装についてはもう少し触れていきたいと思います。


2 件のコメント:

  1. アルミペダルはスポーティでいいですよね。こうみると標準のペダルは質素にみえてしまいます。まぁ好き嫌いありますし、拘りがなければどうでもいいことなんでしょうけど(笑)

    返信削除
    返信
    1. 本当に、アルミペダルは気持ちだけの問題です。
      個人の趣味だと思います。

      削除