検索

カスタム検索

関連記事の検索方法

レクサスに関して書いてきたこのブログも記事数が1600件を超え、関連記事を見つけることが困難になってきました。しかし、折角訪問いただいた皆様には必要な情報を提供していきたいと思います。関連記事の検索方法としては
1.上の検索ボックスに検索したい内容のキーワードを入力して検索する。
2.記事の下のラベルのキーワードをクリックする。
3.右側サイドメニューのアーカイブから関連記事を探す。
等があります。一度お試しください。
レクサス関連の書籍グッズをお探しの方はレクサス日記ストアをご利用ください。

2015年1月24日土曜日

LEXUS GS F INTERIOR DESIGN


本日はレクサスGSFの内装(インテリア)の紹介です。

以下抜粋です。


表皮一体発泡工法により、アスリートのボディスーツをモチーフとしたスポーティなデザインと高いホールド性を実現した専用シートや、踏み込んだ時の足の動 きを考慮して滑り止めのスリットを配したペダルなど、スポーツドライビングをサポートする機能性の高いパーツ類を採用しています。




航空機のグラスコックピットをモチーフとし、水温/油温/走行中のG/後輪トルク配分などの情報をインストルメントパネル内に 表示する専用メーターを採用するとともに、スイッチ類の操作性にも配慮することでドライバーのスポーツドライビングを視覚面でサポート。 さらにインスト ルメントパネルやドアトリムなどに、反射を抑え滑り止め効果もある高級素材アルカンターラを採用しています。   


写真の内装はモノトーンの渋い色合いになっています。

近人的には非常に好みの内装です。

表皮一体発泡工法のシートはホールド感があり、スポーツ走行には適したシートですが、普段の運転には窮屈に感じる気がします。

しかしながらFに乗るのなら、これくらいの覚悟は必要かと思います。

運転席は航空機のコックピットのイメージでスポーツマインドを掻き立てる造りになっていると思います。

特にハンドルやシフトノブのディンプルが好きです。

手にしっくりと来て個人的には必須だと思っています。

内装はなかなか良い出来だと思います。

0 件のコメント:

コメントを投稿